愛車の買い換えなら買取で売却した方が有利

愛車を新しい自動車に買い換える時は、今まで乗っていた愛車を手放しますが、その方法には下取と買取があります。
下取は購入代金の一部として、次の自動車を購入する店舗に売却する方法です。
一方、買取は購入とは関係なく、売却のみを単独で行う方法です。
どちらが有利かは売却する車両に左右されますが、基本的に買取の方が有利になっています。
下取は次の自動車の購入店へ売るため、売却先を選択する余地がありません。
しかし、買取なら幅広い買取店が候補になりますから、売却先を選べる自由があるのです。
そのため1円でも高く買ってくれる業者へ売却できるため、買取の方が有利になる訳です。
査定額が数万円アップするのは珍しくなく、中には大幅にアップする場合もあり、不人気車種でもない限り、買取で売った方がお得になります。
そこで利用しておきたいのが一括見積もりサイトです。
たった一回の申し込みで複数社から査定してもらえますので、最高値の売却先を探すのに便利です。